沖縄で宅建の資格を取得

琉球学院

授業料や
その他の問合せ

  • tel
  • 受付時間 9:00~18:00(月~金)

登録実務講習を修了することで宅地建物取引士の登録が可能になります。

登録実務講習の目的と効果

登録実務講習とは、宅地建物取引士試験に合格したものであっても、宅地若しくは建物の取引に関し国土交通省令で定める期間(2年)以上の実務の経験を有しないことで、宅地建物取引士登録ができない場合における代替の要件である「国土交通大臣がその実務の経験を有するものと同等以上の能力を有すると認めらる」ための講習をいいます(宅地建物取引業法第18条、宅地建物取引業法施行規則第13条の16)。

 

登録実務講習を修了することで宅地建物取引士の登録が可能となります。

 

なお、実務経験として算入できる業務の内容は、免許を受けた宅地建物取引業者としての経験又は宅地建物取引業者の下で勤務していた経験をいい、顧客への説明、物件の調査等具体の取引に関するものとされています。受付、秘書、いわゆる総務、人事、経理、財務等の一般管理部門等の顧客と直接の接触がない部門に所属した期間及び単に補助的な事務に従事した期間については算入されません(宅地建物取引業の解釈・運用の考え方 第18条関係 宅地建物取引士の登録に係る実務の経験について)。

受講資格

宅地建物取引士試験(旧宅地建物取引士主任者試験を含む)に合格した者で、2年以上の実務経験がないこと。

 

なお、登録に際して、実務の経験の期間の計算は、月単位で行い、1月に満たない日数については、20日を1月として計算することとし、また、申請の前10年以内の経験を記入するとともに、直近の2年以上の経験を記載することが適当と解されています。この実務経験については、宅地建物取引士資格試験の合格の前後を問いません。

登録実務講習の内容

①通信学習(1カ月間)

登録実務講習に申込みいただくと、数日中にKenビジネススクールオリジナルの登録実務講習用のテキストが送られてきます。

 

まずは、送られてきたテキストで自宅学習を進めて下さい。スクーリング受講及び修了試験の効果を上げるため、テキストは一通り読んでおいて下さい。

②スクーリング受講(2日間・12時間)登録実務講習スクーリング

お申込み頂いた日程と場所で受講するものです。講義形式のものと、演習形式のものを組み合わせたかたちで実施されます。

 

スクーリングで学習する内容(通信講座も含む)は、宅地建物取引業法施行規則第13条の21に定められた以下の事項です。

カリキュラム

時間 1日目 2日目
1 10:00~11:00 宅地建物取引士制度の概要
宅地建物取引士の役割及び義務
受付、物件調査及び価格査定の実務に関する事項
宅地又は建物の取引に係る契約の履行に関する事項
2 11:10~12:10 媒介契約に関する事項 宅地又は建物の取引に係る資金計画及び税務に関する事項、紛争の防止に関する事項
3 13:10~14:10 宅地又は建物の取引に係る広告に関する事項
宅地又は建物の取引条件の交渉に関する事項
取引の目的となる宅地又は建物の調査手法に関する事項(演習)
4 14:20~15:20 法第35条第1項及び第2項の書面の作成に関する事項 法第35条第1項及び第2項に規定する説明の実施に関する事項(演習)
5 15:30~16:30 法第35条第1項及び第2項の書面の作成に関する事項 宅地又は建物の取引に係る標準的な契約書の作成に関する事項(演習)
6 16:40~17:40 宅地又は建物の取引に係る契約の締結に関する事項 修了試験

※ 日程・会場によって開始時間・終了時間が異なる場合があります。

※ 講師により講義する順番が前後することもあります。

※ 修了試験は終了した方から提出できます。採点をお待ちいただければ即日に発行することも可能です。

③修了試験(1時間)

上記の①の通信学習と②のスクーリングを受講した方(遅刻、早退、欠席した場合は受験することができません)は、2日目のスクーリング終了後に実施される修了試験を受験しなければなりません。

 

この修了試験に合格しなかった場合は、再度①と②の講習の受講を行う必要があります。

受験資格

・上記①と②の講義を、通信の方法で受講する形式のものを含み、全て受講が完了していること

・写真付きの身分証明書を校舎スタッフに提示した上で、受験するのが本人であるとの確認ができていること

試験時間

1時間

出題形式

・正誤問題…20問

・記述問題…10問

出題範囲

登録実務講習用テキストに記載されている内容及びスクーリングで講師が講義した内容

試験中の参照物

登録実務講習用テキスト

修了認定基準

8割以上の得点をすること

その他

・修了試験問題及び解答用紙に関しては回収後受講生には返却致しません。

・試験問題の漏えいを防止するため、試験問題の持帰り及びテキスト等に問題を書き写す行為を禁止致します。

・次の各号に該当することが判明した場合、修了試験の合格が取り消されます。

一 試験実施中に、他の受験者の解答を故意に見た場合

二 試験実施中に、持ち込みを許可しているテキスト以外の資料を、故意に見た場合

三 試験実施中に、携帯電話等の通信機器の電源を切らなかった場合

・上記に掲げる不正受講であると弊社が判断した場合には、収納している受講料の返還及び修了証明書の発行は行いません。なお、修了証明書発行後に不正受講が発覚した場合には、それを無効とし、その旨を国土交通省、都道府県、指定試験機関へ報告致します。

使用教材

Kenビジネススクール不動産ビジネス研修事業部 執筆・監修のテキスト

 

修了証の発行

前記の通信学習・スクーリング受講・修了試験の修了認定基準を満たした方には、Kenビジネススクールの印鑑が押された登録実務講習修了者証明書が交付されます。

 

この登録実務講習修了者証明書を、宅地建物取引士試験を受験した都道府県で取引士登録をする際に、申請書と共に提出して下さい。実務経験の登録要件となりますので、紛失しないようにして下さい。

 

登録実務講習修了者証明書の交付を受けた方は、その証明書を滅失し、汚損又は破損した場合には、再交付の申請ができます。ただし、1通につき1,500円(税抜き・送料別)の再交付手数料がかかりますのでご了承くださいませ。

 

再発行の際はKENビジネススクールへお問い合わせください。

 

申込受付について

今年度の登録実務講習の応募は終了いたしました。




ページのトップへ戻る